企業ブランドをプロテクトするネクストリンク
評判管理・風評被害対策・ウェブマーケティングを最適化します。

0120-550-555 お客様専用ダイヤル

厚生労働省が「若者の使い捨てが疑われる企業」実態調査を実施

厚生労働省は2013年(平成25)より中小企業を対象に、若者の『使い捨て』が疑われる企業についての実態調査「若者応援企業宣言事業」の実施を発表しました。各地の労働局を通じ、35歳未満の若者の採用実績や残業時間などの情報を公開することで、企業と求職者とのマッチングを行うと共にブラック企業による被害を減らすことを目的としています。

誹謗中傷対策

ネット上の評判の実態を把握しておくことが重要です。

ネット上での評価・評判は企業、特に情報発信量が不足している中小企業においては、それらの内容によって採用や営業活動に大きな悪影響を及ぼすリスクが高いため、自社の評判の実態を把握しておくことは非常に重要です。

ブラックチェッカー使えば、企業に対するネガティブ情報やな書き込みの量とその内容を知ることができます。それにより「自社がネット上でどれだけ誤解されているか」「誤認されかねない情報があるか」を知ることが可能です。

誹謗中傷対策

ブラック企業誤認判定サービス

ブラックチェッカーでは独自のシステム(*1)を使い、SNS・掲示板を含めたインターネット上の全ての情報から出現するワードを集計。集計したワードの量と内容を元に、その企業がブラック企業と誤認されている可能性の度合いを診断します。(最短でお申込みから2~3営業日で診断可能です。)
(*1) 日本初、ネット上全体からクチコミを抽出し分析するシステム「ミクロサーチ」(自社開発)を使用

誹謗中傷対策